新車業界の決算について

新車業界には中間決算と決算という一年に2回の拡販時期があります。9月が中間決算、3月が決算と言うのがほとんどです。この時期は、各販売店(ディーラー)の決算になっているので、最後の追い込みをかける!という事から新車が安く買えると言われ続けてきているのです。ではここで、新車決算の実情をお伝えしてきましょう。

まずは中間決算からお伝えしてきます。9月と言っても実際には8月から始まっていると言っても間違いではありません。というのは、9月に契約をする、という事よりも「登録をする」という事がカギになってくるからです。最近では各ディーラーもあまり在庫を持っていませんので、9月末までに登録をさせようと思ったら8月ぐらいからは商談を進めて契約するぐらいのタイムスケジュールじゃないと間に合わないという事です。

これはよく勘違いをされているのですが、登録と言うのは車庫証明を出して、登録書類(委任状など)がすべて揃って、ディーラー側の登録課の準備やスケジュールが取れて始めて登録が出来ます。という事は?そうです、8月には契約をしても充分と言う事なのです。これは本決算でもある3月にも言える事です。今では1月の半ばからは決算と言っても良いと思います。特に納期のかかる人気車種に関しては1月末〜2月初旬には契約をしてはじめて決算条件が適応されるのです。

3月に契約をしても登録が間に合わない状態だとわかると、新車値引きは少なくなります。それでも安く新車を買いたい方は、営業マンが言う在庫車を買うという選択肢も出てくるのです。出来れば欲しい車種やグレードが欲しいと思いますので、早め早めの新車値引きの交渉を進めていきましょう。